けやきって何?

けやき坂46 - ひらがなけやき

 

 

けやき坂46の話題を書いていきますが、

最初は、そもそも、けやきって何という事で

進めていきます。

 

けやき坂46って聞いたことがありますか?

 

「ひらがなけやき」というのが正式名称の様です。

 

欅坂46は乃木坂46の姉妹グループとして

2015年に発足しました。

 

ちなみに欅坂46の最初の名前は欅坂46ではなく、

鳥居坂46だったことは、有名な話です。

 

まずは簡単に欅坂46についてその始まりを

見ていきます。

 

 

けやき坂46は欅坂46の下部組織としてスタート

最終のオーディションは2015年8月21日でした。

 

そして発表と同時に鳥居坂46が欅坂46と改名されて、

日本人が欅を漢字で書けるくらいに頑張ろうと言う

エールが送られました。

 

その時の最終合格者は22名でした。

 

しかし、その内の2名が脱退することに。

 

一名は、活動開始前に脱退することに。

 

また、もう一名は活動開始直後に脱退しました。

 

そのため、欅坂46は20名になっていました。

 

一方で、最終オーディションまで残っていた長濱ねるさんが、

お母さんの反対で最終オーディションに参加出来なかったのですが、

あまりにも憔悴しているのでお父さんから運営に

なんとかできないだろうかと言う相談があったのだそうです。

 

長濱ねるさんは最終審査までは相当高い評価を得ていたため

救済措置として、欅坂46メンバーへの加入と、

当面は下部組織のけやき坂46所属となることが

発表されました。

 

なので、この段階では、けやき坂46は欅坂46の下部組織でした。

 

 

 

けやき坂46のメンバー募集

しかしその後、けやき坂46のメンバー募集が行われ、

2016年5月8日に11人のメンバーが合格して、

けやき坂46の活動が始まります。

 

で、この時長濱ねるさんは欅坂46と兼務となります。

 

ただ、これ以降欅坂46はCDも売れて、テレビにも出演します。

 

しかしけやき坂46も欅坂46のCDのカップリング曲として

曲を披露するなどしますが、テレビにも出られない日々が

続きます。


さらに欅坂46のメンバーも21人が固定していきます。

 

すると、下部組織と言いながらけやき坂46から欅坂46に

移動することもなくなります。

 

それにもめげずに頑張る彼女たちにチャンスが与えられます。

 

それが2017年3月に行われた「けやき坂46単独公演」です。

 

 

そして2017年8月にけやき坂46の2期生が加入します。

 

 

また長濱ねるさんの兼務解消により、けやき坂46は欅坂46の

下部組織というよりも、別のグループとして活動が行われていきます。

 

そして2018年には日本武道館で3days公演を成功させました。

 

 

さらに2018年4月からはテレビ東京系で

 

「ひらがな推し」という看板番組まで始まりました。

 

まとめ

けやき坂46は当初欅坂46の最終オーディションに参加できなかった

長濱ねるさんを救済する措置として発足しました。

 

しかし独自にメンバーを募集し、

長濱ねるさんの兼務解消とともに下部組織ではなく

独立したアイドルグループとして活動しています。

 

日本武道館の単独公演も成功し、「ひらがな推し」という

冠番組も得た今は、人気アイドルの頂点を目指して

頑張っています。

 

今後も、そんなけやき坂46を応援していきたいと思います。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL