日向坂46個別握手会初めての参戦レポ-10月22日東京流通センター

2ndシングル - 個別握手会

10月22日東京流通センターで日向坂46の2ndシングル「ドレミソラシド」発売記念の個別握手会が開催されました。初めて個別握手会に参加してきましたので、備忘を兼ねてレポートを書いておこうと思います。

 

本来は、10月13日が個別握手会のデビュー予定でしたが、台風19号の影響で開催が延期され、10月19日の3rdの全握の方が先になってしまいました。

 

【開催延期の案内】

10月13日(日)パシフィコ横浜個別握手会 開催延期のお知らせ

 

【3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」全国握手会レポ】

日向坂46「こんなに好きになっちゃっていいの?」全国握手会レポ 幕張メッセ

 

そのため満を持しての個別握手会でしたが、結論からお伝えすると握手自体は満足度が非常に高かったものの、場所は悲しかった

 

なお個別握手会と全国握手会の違いは下記にまとめているので、そちらをご覧ください。

 

全国握手会と個別握手会の違い

日向坂46全国握手会に初めて参加してきました

 

 

10月22日東京流通センターでの個別握手会

抽選結果のおさらい

10月22日に開催されたのは日向坂46の2ndシングル「ドレミソラシド」のお別握手会です。2ndの個別握手会の申し込みをしたのは、6月の上旬でした。私が初めて個別握手会の抽選に申し込んだ時で、あれからもう5ヶ月も経ってしまったのは感慨深いです。

 

2ndシングル_個別握手会申込体験記

2ndシングル『ドレミソラシド』個別握手会に申し込んでみました-3次受付反映

 

上にも記載していますが、22日分で当選したのは、全て金村美玖ちゃんで第1部が2枚、第2部が1枚、第3部が1枚、第4部が2枚の計8枚でした。

 

 

レーン詳細

10月22日の個別握手会のレーン詳細は、10月21日に公式サイトに掲載されました。

 

【レーン詳細とグッズ販売時間のご案内】日向坂46 セカンドシングル「ドレミソラシド」発売記念 個別握手会 10月22日(火・祝)東京会場@東京流通センター

 

 

金村美玖ちゃんは第6レーンです。

 

また各部のスケジュールは、

 

<第1部> 10:00~11:30 (新規入場受付締切 11:00)
<第2部> 12:00~13:30 (新規入場受付締切 13:00)
<第3部> 14:30~16:00 (新規入場受付締切 15:30)
<第4部> 16:30~18:00 (新規入場受付締切 17:30)
<第5部> 18:30~20:00 (新規入場受付締切 19:30)

 

でした。

 

 

開催場所

開催場所は、TRC 東京流通センターです。最寄り駅は、東京モノレールの「流通センター」駅です。

 

TRC東京流通センター

 

第1展示場・第2展示場とありますが、握手会の会場は第1展示場で、駅の改札に近い第2展示場ではグッズの販売が行われます。

 

我が家からはドアツードアで、1時間30分弱かかります。

 

そこで、9時に家を出れば良いかと思っていたのですが、結局9時20分過ぎになってしまいました。それでも、9時半過ぎの電車に乗って10時45分くらいに到着の予定だったのですが、さらに1本乗り遅れてしまいました。

 

なんと、駅の到着が10時54分の予定です。

 

第1部の最終受付が11時なので、ヤバイと焦りながらも、何ともしようがないので、これ以上遅れないことを祈りながら現地に向かいました。

 

雨が降っていて、気分も雨です。

 

 

個別握手会第1部

駅到着から展示場へ

さすがに日本の電車で、定刻通り、10時54分に流通センター駅に到着しました。

 

そこで、傘もささずに駅から会場までダッシュしました。

 

今思うと、私より後から来た人も結構多く、ダッシュまですることは無かったのですが、初めての個別握手会だったので、要領が分からず気も急いていましたので、頑張りました。

 

第2部を待っている人の行列が出来ていましたが、それを横目に、会場の入り口に向かいます。すでにこの時点では第1部の待ちの列はありません。

 

最初に荷物検査に備えてバッグのチャックを開けて置きましたが、並んでいる人もいないので、検査はすぐに完了して、握手会会場の入り口に向かいます。

 

入り口では握手券を見せて、中に入ります。

 

この時点で11時くらいでしたが、まだ受付締め切りにはなっていませんでした。

 

 

第6レーンに入場

第6レーンを探すと、すぐに見つかり、まだレーンの受付までに、20人位の人の列がありました。そして、その最後尾に並びます。

 

アルバイトの受付のお嬢さんのところまで、10分くらいでしょうか。待っている間にも、私の後ろに更に人が並んでいきます。並んでいる途中で、第6レーンの受付終了のアナウンスがされていました。

 

結局、慌てずに歩いてきても、余裕で間に合ったかもしれません。

 

そして、第6レーンの受付に。そこで、身分証明を見せて、チケットを出します。第1部は2枚持っていますが、さすがに、1枚2回回る時間的な余裕はなかったので、2枚出して受け付けてもらいました。チケットに2と書かれます。

 

そこから、実際の握手をする場所まで、さらに20人位の人が並んでいます。

 

ただ、そこからはスムーズで、あっという間に列が流れていきます。

 

金村美玖ちゃんと握手

握手会場に入る前に荷物をかごに入れてます。スタッフに手に何も持っていないことを示したうえで、チケットを渡して、握手に。

 

全握でもすでに会って言葉を交わしていますが、初めて目にするナース姿の金村美玖ちゃんが目の前にいました。

 

 


金村美玖ちゃん公式ブログ「1日遅れのHalloween🎃」より
管理人「個別握手会にはじめてきました。」

金村美玖ちゃん「ありがとうございます」

管理人「今日は、1部から4部まで握手に来ます」

金村美玖ちゃん「待ってますね~」

 

この辺で、お時間ですと剥がされました。

 

以上で、管理人の個別握手会デビューは終了しました。

 

荷物を受け取って、第6レーンからも退場します。この時点で、11時半をまだ回っていなかったと思います。

 

第2部は、12時からなので、再度受付しなおすために一度会場を出る必要があります。

 

 

個別握手会第2部の待ち

実は雨の中第2部を待つ人の長い行列が第2展示場辺りまで伸びています。

 

当日上着を持ってこず半袖だったこともあり、やや寒いのでまずは、グッズ販売の様子を見に行くことにしました。グッズは第2展示場で販売しています。

 

ただ、今回はグッズを買う予定はなかった(本当はペンライトを買いたかった)ので、一通り見るのにそこまで時間がかかりません。

 

そこで、トイレに行こうとしたら、全国握手会でもそうでしたが、ここでも長い行列が。スタッフが会議棟にもトイレがあると案内していたので、会議棟に行ってみました。

 

ただトイレを見つけるのに、少し時間がかかり、そうこうしているうちに、第2部の時間が来ました。

 

 

個別握手会第2部

第2部は開始していますが、かなり長い列が出来ていました。本来雨の中で並びたくはないのですが、その最後尾に並びました。

 

しかし、ここからが長かった。荷物検査にたどり着くまで、1時間弱待ちました。

 

荷物の検査の前で結構待ちが発生していました。(この人数に対して、検査の)

 

しかも、握手会上の入り口と出口が面しているのが1本の狭い道しかなく、入場待機列と退場の人の列が交差して、なかなか動けません。

 

2部に並んで分かったのが、時間ギリギリで冷や冷やしましたが、第1部って快適だったんだと言うことでした。

 

第6レーンに入場(2回目)

中に入った時は、12時40分くらいだったでしょうか。ただ第6レーンへ向かうと第1部よりも並んでいる人は少ない感じで、受付にはすぐに行けて、身分証明を出して手続きをします。今回は1枚だけです。

 

さらに受付後も並んでいる人が少ないので、すぐに握手に。手続きは第1部と全く一緒です。

 

金村美玖ちゃん公式ブログ「1日遅れのHalloween🎃」より

 

第2部は、ナース服はそのままで、髪型がおさげだった様ですが、正直全く気付いていませんでした。

 

管理人「今日2度目です。」

金村美玖ちゃん「はい」

管理人「ダッシュアンドラッシュとCage毎日聞いてます」

金村美玖ちゃん「ありがとうございます」

 

とここで、はがしが。そんなに人が待っていないんだからもう少し話させてよと思いながら握手会場を後にします。

 

入場に1時間位待って、握手は数分。まあ、そんなものです(苦笑

 

 

個別握手会第3部の待ち-どうやって時間をつぶす

さて、問題はここからです。第3部の開始が14時半。現在13時位。1時間半どうやって時間をつぶすか。周りに何もない。良いアイデアも全く浮かびません。

 

それでも、いくつか考えました。まず会議棟には、少しお店もあるのですが、1時間半も長居出来ません。しかも、雨が降っているので、第3部を待つのも余り気乗りしません。

 

京急の平和島までも1時間程度で往復できるので、雨が降っていなければ歩くのですが、雨が降っているから、さすがに躊躇しました。

 

そこで、モノレールで、浜松町に戻ることにしました。(平日なら天王洲アイルという選択肢もありましたが)

 

600円以上かけて往復するのは、少しあり得ないのですが、仕方がないです。ただ、浜松町でも、休みなので、安く時間をつぶせところがなく、駅の本屋で時間をつぶしました。

 

 

個別握手会第3部

時間をつぶすことが出来たので、再び流通センターに戻ります。

 

第3部は開始していましたが、やはりかなり長い列が出来ていました。ただ、雨は完全に止んではいないものの、小降りになっていました。

 

ここから長いのも第2部と一緒ですので、もう特に書きませんが、ここでの握手会は最後にして欲しいです。(TRCの責任ではありません。ただ周りに何もないので、場所が悪い)

 

それでも、長い時間待って、入場しました。

 

 

第6レーンに入場(3回目)

中に入った時は、15時半近くになりました。会場内は、第1部、第2部の時より人が多く、結構移動がしにくかったのですが、どこのレーンもそうでしたが、一旦レーンへ向かうと第2部と同様、並んでいる人そのものは少ない感じで、受付にもすぐに行けて、身分証明を出して手続きをします。今回も1枚だけです。

 

さらに受付後も並んでいる人が少ないので、すぐに握手に。手続きは第1部・第2部と全く一緒です。

 

金村美玖ちゃん公式ブログ「1日遅れのHalloween🎃」より

 

3部はゴスロリ衣装でした。

 

しかし、入場待ち時間長すぎの割に握手は一瞬で終わります。これ、4部は2周回れるんでしょうか。

 

 

高瀬愛奈さん生誕祭

今回、第3部の終了(16時)と第4部の開始(16時半)の間に高瀬愛奈さんの生誕祭があることがTwitterで分かっていたので、生誕祭に参加することにしました。

 

第3部の金村美玖ちゃんとの握手自体は、会場に入場してしまうとあっという間で、結局15時半くらいに終わってしまいました。高瀬愛奈さんの生誕祭はおそらく40分くらい待つ感じでしょうか。

 

入り口から一番遠いところが生誕祭会場の様で、もうかなりの人が待っています。

 

私も待機の中に入って待ちます。幸い真ん中位の位置でした。

 

途中、今の位置から少し前に詰めてくださいという(おそらく)スタッフの掛け声がありました。おいおい、今でも結構みんな詰めてるのに、これ以上詰めちゃうと本番の時に前の方の人しか見えない感じになってしまうヨ。そうすると、後で絶対、前の方の人はしゃがんでと言う話になるはずじゃないと思いながら前に詰めました。

 

そうするうちにメンバーの握手が少しずつ完了していくアナウンスが流れます。

 

それにしても、大勢待っています。なんで高瀬愛菜さんの握手売れないんだろうと不思議になるほどの人です。

 

そうこうするうちに、そろそろ生誕祭が始まりそうになり、やはり、前の方は少ししゃがんでという声が。ただしゃがむとスペースが必要なので、やはり少しずつ後ろにずれてきます。だからこうなるよねと心の中で思いつつ、やや中腰に。

 

そして高瀬愛菜さんやメンバーが登場します。

 

花束の贈呈は、宮田愛萌さんでした。

 

さすがに時間が経って、宮田愛萌さん、高瀬愛奈さんのメッセージを忘れてしまっていますが、なかなか良い雰囲気で行われました。

 

生誕祭が終わると、4部の開始の前に会場外に出る様に促されます。

 

さあ、本日最後の第4部の握手です。

 

 

 

個別握手会第4部の待ち

高瀬愛奈さんの生誕祭が終わると、もう第4部の開始時間を過ぎています。一度外に出て、第4部の待機列に並ぶと今回も全握ほどではありませんが、なかなか前に進みません。

 

会場に入るために、やはり結構時間がかかりました。

 

 

個別握手会第4部

第1部は並びませんでしたが、第2部から第4部と3回ほど並んでみて分かったのは、列の誘導が下手だなと言うことです。

 

並んでいるのが日本人だから大きな問題にならなずに済んでいることを改めて感じました。

 

そしてようやく17時20分くらいに会場に入場しました。

 

 

第6レーンに入場(4回目)

今回も中に入った後の握手はあっという間に終わってしまいました。

 

金村美玖ちゃん公式ブログ「1日遅れのHalloween🎃」より

 

管理人「今日はたくさん会えて嬉しかったです。3rdの個握も来ますね。」

金村美玖ちゃん「いつ来れますか?」

管理人「11月取れました。」

金村美玖ちゃん「待ってますね」

 

ここで剥がし。チケット1枚も2枚も時間的にはあまり変わらないのが実情でしょうか。

 

これで、初めての個握デビューは終わりです。

 

まとめ

今回は金村美玖ちゃんとの握手しか当選できなかったので、金村美玖ちゃんだけとの握手でした。

 

文章だけ読み返すと第1部から第4部まで金村美玖ちゃんなので、ある意味気持ち悪いのですが、そんな気持ちの悪いオヤジにもきちんと対応してくれた金村美玖ちゃんには感謝しかありません。

 

ただ、3rdは、キャプテンや松田好花ちゃんの握手も当選しているので、(そもそも握手しているオヤジが気持ち悪いという話は置いておくと)もう少し、バリエーションがあるレポが書けるかもしれません。

 

しかし、TRCはひどかった。各部の間の待ち時間を過ごすすべがないのと、待機列の誘導が上手くいっているように思えません。また待機列に並んで、会場に入ると、もう受付締め切り間近なので、複数メンバーを回ることが難しいのではないかと感じました。

 

ただ今後仮にまた握手会の会場がTRCだったとしても、人気過ぎて個握の抽選当たらないんだろうなと思います。

 

さて、3rdまで個別握手会は購入していますが、4thはどうしますかネ。個別握手会は3rdで卒業して、今まで握手したことのない人のために譲ろうかなと思うところがあります。

 

握手によって、既存のファンがリピートするだけでなくて、新しいファンを増やしていく必要があるんじゃないかなと思うからです。

 

ただ、これからも日向坂46を応援していきたいと思います。

関連記事