• 抱きしめてやる-けやき坂46名義最後の曲

抱きしめてやる-けやき坂46名義最後の曲

楽曲

 

「抱きしめてやる」はけやき坂46(ひらがなけやき)として提供された最後の曲です。

 

作詞は秋元康氏、作曲はバグベア(Bugbear)によるものです。

 

バグベア(Bugbear)はこぎみいいさんとここみらいさんからなる2人組の音楽ユニットで、欅坂46の「サイレントマジョリティー」や「不協和音」の作曲も担当されていました。

 

 

「抱きしめてやる」のリリースとMV

「抱きしめてやる」は黒い羊[CD+BD盤/Type-B]【初回限定仕様】に収録されています。

 

残念ながらMVは作成されていない様です。

 

「抱きしめてやる」の音源が解禁されたのが2月4日の文化放送レコメンでのことでした。この日は渡邉美穂ちゃんが特別ゲストで出演していて、その中で初めて解禁されました。

 

 

 

「抱きしめてやる」のフォーメーション

「抱きしめてやる」はまだ音源解禁も間もないため、ライブでの披露もないため、フォーメーションの情報は見つかりませんでした。

 

 

「抱きしめてやる」を聴く

「抱きしめてやる」は上にも書いた様に、欅坂46の8枚目のシングルTYPE-Bに収録されています。

 

今のところ、MVは公開はされていません。

 

曲をフルで聞きたい場合、お勧めするのは、Amazon Music unlimitedです。

 

 

早速「黒い羊(Special Edition)」が公開されており、「抱きしめてやる」も聴くことが可能です。

 

Amazon Music unlimitedはAmazonプライム会員もしくは会員になろうと考えている場合には良い選択肢になると思います。

 

Amazonプライム会員ではないけれど、なるべく安くひらがなけやきの曲をフルで聴きたい。いつもひらがなけやきの曲に囲まれていたいという方にお勧めのサービスを下記でまとめてみましたので是非確認してみてください。。

 

 

 

 

まとめ

「抱きしめてやる」は、欅坂46の8枚目のシングル黒い羊[CD+BD盤/Type-B]【初回限定仕様】に収録されています。

 

欅坂46の「サイレントマジョリティー」や「不協和音」の作曲も担当されているバグベアにより作曲されています。

関連記事