潮紗理菜さんの「思い出がいくつも重なって木漏れ日が生まれる。🍂」

公式ブログまとめ - 潮紗理菜

2020年10月22日の潮紗理菜さんのブログ
 
 

目次

閉じる

潮紗理菜さんの「思い出がいくつも重なって木漏れ日が生まれる。🍂」

本日次のブログは潮紗理菜さんです。
 
 

 
思い出がいくつも重なって木漏れ日が生まれる。🍂
 
https://www.hinatazaka46.com/s/official/diary/detail/36212?ima=0000&cd=member
 
 

ブログの概要

 


 
 
 
 
 
こんにちは。
 
 
 
 
先日うたコンさんに出演させていただきました。
 
観てくださった皆さんありがとうございました!
 
 
 
 
 
ひらがなけやきとアザトカワイイの二曲を披露させていただきました!!
 
私の記憶が正しければアザトカワイイは初めて直接観ていただけた気がします。
 
会場で見てくださったみなさんありがとうございました♡︎ʾʾ
 
 
 
 
 
 
そしてここから少し長くなります。
 
ひらがなけやきの曲について話したいと思いますので、今はそういう気分じゃないよ〜いう方はそっと閉じていただけたらと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まずは
 
ひらがなやけやきという曲を披露させていただけたこと。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 
 
あの頃夢の夢に描いていた夢が今叶いました。
 
 
 
 
『いつか音楽番組にみんなで出たい!!』
 
 
 
 
 
この夢は
 
期待していないというアルバムをリリースさせていただい時に叶いました。そして日向坂になってもっともっと叶いました。
 
新しい仲間が入ってきてくれて叶った夢だと思っています。
 
 
 
 
改めてひらがなけやきを選んでオーディションを受けてくれたみんなにありがとうでいっぱいです。
 
 
 
 
 
このタイミングでひらがなけやきという曲を披露させていただけたことはひらがなけやき一期生の私たちにはとても重く深く心に刻まれるくらい特別に嬉しかったです。
 
 
 
 
けやき坂のエンブレムとともに。
 
 
 
 
歌っている時
 
あの頃から変わったものもあるし変わらないものも確かにここにあるのだと改めて感じました。
 
 
 
 
そしてメンバーみんなのことが大好きだなという気持ちが溢れました。
 
 
  
 
 
VTRまで作ってくださって、照明もピンクから緑、そして空色に。
 
みんなで挨拶させていただく時間もつくっていただき
 
スタッフの皆さまに
 
本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 
 
 
 
 
 
『思い出がいくつも重なって木漏れ日が生まれる。』
 
 
 
 
この歌詞の意味の深さが身にしみます。
 
 
 
 
 
4年越しのデビュー曲、テレビ初披露。
 
初披露がオーケストラの皆さんの演奏だなんて贅沢すぎました。
 
 
 
 
きっとこれから先もどんな時でも私たちに、そして日向坂46に寄り添ってくれる曲になるのだろうなと思いました。
 
 
 
 
昨日とは違う表情の青空が生まれたのでしょうか。
 
 
 
 
小さな木漏れ日が大きな光となって日向になりました。私たちの原点はいつだってひらがなけやきです。
 
 
 
私はどんな空も好き。
 
たとえ青空じゃなかったとしても。
 
 
 
 
 
 
今日はいつもより早起きをしました。
 
そしたら、、、
 
私たちの上に果てしなく広がる空にまるで心を映し出されたかのように、空が優しいピンクの色をしていて、それが窓から差し込む天然のサイリウムのようで、お部屋がピンクで包まれました。
 
 
 
 
まさにまさか偶然、、!!
 
 
 
朝の5時すぎくらいだったかな〜?
 
ほんの一瞬の出来事だったけどその一瞬でとても温かい気持ちになりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
あ!そうだ!!
 
一番上の観客席に紫✖️黄色に光るペンライト
 
を見つけたよ!!
 
嬉しかった〜💓
 
 
 
そしてめみからもメッセージが来ました。
 
みててくれたんだな〜と嬉しかったです。
 
気持ちは12人でした。
 
 
 
 
 
 
 
次またいつ披露できるか分からないけど、その時はきっとまたその時にしか感じることのできないひらがなけやき。という曲になっていると思うので、その瞬間にしか感じられない変化あるこの曲をこれからも大切にしていきたいです!!
 
 
 
 
 
 
 
思いは想い出すと止まらない。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
みんな大好き〜☺︎
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
またいつかこの衣装を着れますように、、🍀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
 
 
 
サリマカシー🍀
関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。